職場環境を改善してみる

嫌なことも嬉しいこともたくさんあるのが看護師の仕事の現場です。嬉しいことはすぐに過ぎ去ってしまうものの、嫌なことは引きずってしまいがちなのが人の常であり、気分の浮き沈みに対して適切な対策を立てて気分をコントロールできるようにすることは、看護師にとって欠かせません。趣味や食事で気分転換出来る人もいますが、うまく気分転換出来ない人もいるでしょう。

その時、改善策として考慮したいのが職場環境です。自分にとって過ごしやすい職場環境を選ぶことによって、ただそこにいるだけで気分が落ち着けられるようになることがあります。最もいる時間が多いナースステーションの雰囲気は看護師にとって重要なものであり、そこで互いに配慮しあって落ち着いた職場環境を作ろうという気持ちが溢れていると、それだけで仕事の中で生まれてた不安も辛さも解消できるようになります。意識的な気分転換を必要としないことがメリットであり、気分が沈んでしまった時にはナースステーションに戻って少し休憩すると、気持ちを落ち着けて次の仕事に取り掛かれるようになるでしょう。そういった雰囲気があると自分からもその環境作りに貢献したいと考えるようになり、その取り組みが気晴らしになっていきます。そして、それが周りの看護師の気分転換につながり、互いに助け合える状況が生まれていくのです。このような職場環境を求めていくことが、いつでも自分の気分をコントロールできるようにするために大切な視点になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です