ストレッチだけでも効果的

看護師の仕事は、気が滅入ってしまう場面や気分が落ち込んでしまうような場面に出くわすことがしばしばあります。それに動じてしまっていては気が持たないと思いつつも、気力がなくなってしまうことは多いものでしょう。しかし、気力が無くなっていても次の仕事はどんどん出てきますから、うまく気分転換をして切り替えることを考えなければなりません。気落ちしたままで次の仕事に着手してしまうとミスをしてしまうリスクも高くなることから、うまく切り替えをすることができるようになることが大切でしょう。命を預かる仕事だからこそ、ちょっとしたミスも許されないのです。看護師が仕事をする上で、心の健康を保つことは大事な仕事のと言えるでしょう。

時間がないときでも簡単に出来るのが、軽いストレッチです。半信半疑でやってみても意外に効果が得られやすく、深呼吸をして10秒程度の伸びをするだけでも高い効果があります。ストレッチをすることによって血液の循環もよくなることがメリットであり、頭も冴えるようになって物事を考える気力が湧いてくるようになるでしょう。ただし、この時に重要になるのが、前向きになろうという意識を持つことです。気分は気持ちの持ちようで変わるものであり、ストレッチをして気分転換にし、次に進もうという前向きな姿勢を持つことが欠かせません。その前向きな姿勢へと切り替えようとする動きが結果的に気分転換に繋がり、それを手助けしてくれるのがストレッチとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です